本文へスキップ

大人の万引き犯が過去10年間で倍増し、検挙者の6割以上を占めていることが警察庁の統計でわかった。最近は組織化された窃盗集団が目立ち、手口も巧妙化。

大人の万引きが過去10年間で倍増-換金目的な窃盗団、犯行が巧妙化-

-引用:毎日新聞2004/09/04-

大人の万引きが過去10年間で倍増

大人の万引き犯が過去10年間で倍増し、 検挙者の6割以上を占めていることが警察庁の統計でわかった。 最近は組織化された窃盗集団が目立ち、手口も巧妙化。


警察庁の統計によると、
全国の万引きの検挙者は94年の6万5596人が、 2003年は10万5792人と約61%増えた。
特に成人は、94年の3万4781人から03年は6万7144人と倍増し、 全体に占める割合も53.0%から63.4%と10ポイント増えた。
一方、少年は94年の3万815人が、98年には5万944人に増加したものの、 2003年は3万8648人に減少した。
警視庁管内でも成人の万引きが増え続け、昨年は過去10年で最多の6054人に達した。 検挙者8299人の7割以上を占める。 DVDなど高価な品物が狙われるケースが多い。

薬局でつくる日本チェーンドラッグストア協会は、 万引き被害による損失を年間約210億円(2002年度)と推計する。 ビタミン剤、健康食品、化粧品など人気商品を大量に盗むケースが増え、成人の場合は、 見張り役や店員の目を引き付ける役など3〜5人のグループが多いという。



関連ページ


マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
扉や窓、勝手口など空き巣犯人の侵入の一番多い侵入場所です。 建物の開口部の安全を見守る防犯センサーで設置は簡単です。 一般住宅ではマグネットセンサー(開閉センサー)は最もよく使われる防犯センサーです。

赤外線センサー、赤外線警報機、パッシブセンサーの機能と選び方のポイント
赤外線センサー、赤外線警報機、パッシブセンサーの機能と選び方のポイント
人の目に見えない赤外線が見えないバリアをつくり、 人や自動車などの侵入者だけを正確に検知、キャッチします。 警告ブザーやランプの点滅で周囲に知らせます。 警戒距離には短距離タイプ、長距離タイプ、電源の要らない電池式タイプなどがあります。 単独でブザーを鳴らすタイプや離れた場所に異常を報せる集中監視タイプがあります。












盗難被害 防犯体験談

預金トラブルに 関する体験談

空き巣、盗難被 害の体験談

鍵に関連する 防犯体験談

個人情報の悪用 に関する体験談

空き巣被害に 遭ったら?

事務所荒らしに 遭ったら?


業種別防犯対策 セキュリティ対策

一戸建て住宅の防犯対策 セキュリティ対策

マンション、アパートの防犯対策 セキュリティ対策

事務所オフイスの防犯対策 セキュリティ対策

店舗の防犯対策 セキュリティ対策

医院、診療所の 防犯対策

学校、幼稚園の 防犯対策

老人ホーム、介護 施設の防犯対策

薬局、調剤薬局 の防犯対策

屋外私設、店舗 金属資材の防犯

ガソリンスタンド の防犯対策

ファーストフード店 の防犯対策

宝石店、貴金属店 の防犯対策

金融機関の 防犯対策

スポーツ施設の 防犯対策

コンビニエンス ストアの防犯対策

自動車販売店 ディラーの防犯

自動車、バイク の防犯対策