本文へスキップ

警視庁は、東京都内で起きたひったくりや空き巣などの発生状況が一目で分かる『犯罪発生マップ』を作成した。

東京の犯罪発生マップ公開-警視庁のホームページ-

-引用:共同通信2003/05/22-


警視庁は、東京都内で起きたひったくりや空き巣などの発生状況が一目で分かる 『犯罪発生マップ』を作成した。 警視庁は『住民や自治体が周辺の治安を知り、防犯意識を高めてもらいたい。』としている。

マップでは都内で起きたひったくりなどの刑法犯の発生状況を、 緑や赤など約10色で色分けして地図上に示し、 犯罪が集中する場所がすぐに分かる。 また、市区町村別に棒グラフや円グラフでも発生状況を表示し 『○○区では車上狙いが多発』『×市では侵入窃盗が増えている』などと説明し、 注意を促している。




関連ページ


空き巣に入られたら?!被害届などの対処法とチエックポイント 空き巣に入られたら!被害届などの対処法とチエックポイント
事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント 事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント


マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
扉や窓、勝手口など空き巣犯人の侵入の一番多い侵入場所です。 建物の開口部の安全を見守る防犯センサーで設置は簡単です。 一般住宅ではマグネットセンサー(開閉センサー)は最もよく使われる防犯センサーです。

赤外線センサー、赤外線警報機、パッシブセンサーの機能と選び方のポイント
赤外線センサー、赤外線警報機、パッシブセンサーの機能と選び方のポイント
人の目に見えない赤外線が見えないバリアをつくり、 人や自動車などの侵入者だけを正確に検知、キャッチします。 警告ブザーやランプの点滅で周囲に知らせます。 警戒距離には短距離タイプ、長距離タイプ、電源の要らない電池式タイプなどがあります。 単独でブザーを鳴らすタイプや離れた場所に異常を報せる集中監視タイプがあります。












盗難被害 防犯体験談

預金トラブルに 関する体験談

空き巣、盗難被 害の体験談

鍵に関連する 防犯体験談

個人情報の悪用 に関する体験談

空き巣被害に 遭ったら?

事務所荒らしに 遭ったら?


業種別防犯対策 セキュリティ対策

一戸建て住宅の防犯対策 セキュリティ対策

マンション、アパートの防犯対策 セキュリティ対策

事務所オフイスの防犯対策 セキュリティ対策

店舗の防犯対策 セキュリティ対策

医院、診療所の 防犯対策

学校、幼稚園の 防犯対策

老人ホーム、介護 施設の防犯対策

薬局、調剤薬局 の防犯対策

屋外私設、店舗 金属資材の防犯

ガソリンスタンド の防犯対策

ファーストフード店 の防犯対策

宝石店、貴金属店 の防犯対策

金融機関の 防犯対策

スポーツ施設の 防犯対策

コンビニエンス ストアの防犯対策

自動車販売店 ディラーの防犯

自動車、バイク の防犯対策