本文へスキップ

バイク自身を盗難被害から守る装置、家から離れたガレージのセキュリティシステムのご紹介。大型車や外車、スクーターやビジネス実用車まであらゆる車種が泥棒のターゲットになっています。

バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント
車と同様にバイクの盗難もすでに社会問題化しています
大型車や外車、スクーターやビジネス実用車まであらゆる車種が泥棒のターゲットになっています。
バイク自身を盗難被害から守る装置、家から離れたガレージのセキュリティシステムのご紹介。



車輪ロック

U字ロックやディスクロック(ブレーキに設置)等による前輪、後輪を固定する方法。 オートバイでは最もポピューラーな盗難防止対策グッズです。 車輪ロックは前後両輪をロックしなければあんまり意味がありません。 また、アンカーなどの固定物に固定していない場合や片方の車輪のみをロックした場合では、複数人で車輪を台車に乗せたり車の荷台に乗せたりして簡単にバイクを持ちさる事ができます。

車輪バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント

キーカバーロック

マイナスドライバーなどを鍵穴に強引に突っ込んでエンジンをかけようとする泥棒がいます。 その際は鍵穴が大概破壊され、盗難に遭わなくても修理を余儀なくされます。 キーカバーロックは愛車のカギ穴をカバーして鍵穴への破壊や悪戯を防ぎます。 鍵穴に特殊な鍵のついた蓋を付ける防犯グッズです。

バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント

悪戯警報機

盗難に遭った際にブザーをならすものが多いようです。

振動感知型
バイクを移動させる際の振動をセンサーが感知します。

傾斜角感応型
サイドスタンドで立っているバイクを移動させる時には、一旦車体を起こさなければなりません。 車体の傾きをセンサーが感知、警報を鳴らします。

電圧降下感応型
直結などの不正な始動を試みた際の、バッテリーから供給されている電圧の変動を感知、警報を鳴らします。

ポケベルに自動連絡するタイプ
異常を感知した時は、付属のポケベルに連絡するタイプもあるようです。 バイクから離れていても異常を知ることができますが、電波の届く範囲に制限があります。

現在、様々なタイプの警報機が販売されている一部です。参考までに。
ロックなどの物理的な方法と併用するのが効果的です。

バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント

車追跡機器

万が一バイクを盗まれてしまった場合に愛車の位置をスマートホンやパソコンのインターネットで 確認できるサービスです。いつでも愛車の位置が確認できるので安心感があります。 測位の方法はPHSやGPS、携帯電話などを使って検索する方法があります。 自宅での保管時だけでなく、ツーリングに行くときなどに載せておけば安心です。

バイクの防犯グッズの紹介と選び方のポイント




-家から離れた車庫、ガレージのセキュリティシステム-

メール通報機能付きワイヤレス機械警備システム
車庫、ガレージ、倉庫など家から離れている電話回線のひかれていない建物の防犯監視、屋外に置いてある商品の防犯監視に適しています。 固定電話回線の替わりに携帯電話網を使って、担当者の携帯電話にショートメールを発信して異常を知らせることができます。
赤外線センサーや開閉センサーなどのセンサーを使って商品などを防犯監視します。 センサーの異常は警報機本体に内蔵のFOMA SIMカードを使って緊急外部自動通報を行います。 警報機本体は防雨ケース収納です。電話の引かれいないガレージ、事務所や店舗、倉庫、電源の取れる屋外資材置き場などにもご利用いただけます。


センサーの異常は警報機本体に内蔵のFOMA SIMカードを使って緊急外部自動通報を行います