本文へスキップ

すぐに発行の金融機関と警察署に届け出てください。わざわざ出向かなくても、とにかくまず電話で一方を!特にカードの場合は一刻を争います。

キャッシュカード、クレジットカードの紛失、盗難
キャッシュカードの紛失や盗難

キャッシュカードを紛失したり、盗難にあったときは、 とにかく!すぐに発行の金融機関と警察署に届け出てください。 わざわざ出向かなくても、とにかくまず電話で一方を! 特にカードの場合は一刻を争います。 通帳と印鑑を一緒に紛失したときも同様です。
クレジットカードとの提携カードの場合はクレジットカード会社への届け出もした方がいいようです。
万一の場合に備えて、通帳やカードの番号を手帳などにメモしておくと安心です。
※金融機関職員がお客から現金や貯金証書・通帳などを預かるときは、 その証として「預り証(兼引換証)」を渡すのが普通です。 職員になりすましてキャシュコーナーなどで現金やカードを盗む事例も出ています。 必ずご確認!


ATMがカード偽造機を兼ねていた!-カードの不正使用や偽造、証明は難しい。
盗まれたカードから不正に200万円が! カードの管理責任。
モノは盗まずカード情報を盗む空き巣が多発?
盗んだカードで残高照会は窃盗未遂。




クレジットカードの紛失、盗難

第一に1分でも早くカード会社に連絡をする。 カードの盗難に気づいたのが土曜や日曜であっても最近は受け付けてくれる場合が多いようですから あきらめずに電話をかけてください。 そうすればカード会社の方でカードを使えなくする手続きをデータ上してくれるので、 まずは安心です。
警察にも盗難届を必ず出してください。 それは万一不正にカードを使用された場合、保険でカバーしてもらう手続きの際、 盗難届が必要になってくるからです。 また不正利用の当日、本人以外の者がカードを使用した証拠になります。 (まずは必ず本人が疑われますので...。)


カード会社、銀行の多くはローンを利用する際(現金の引き出し=キャッシング)暗証番号の 管理に関してお客側が責任をもつ、顧客の過失で生じた債務についてはカード会社側は 負担しない、と約款で規定しているようです。 顧客の過失とはカードの保管場所や暗証番号の管理 が中心です。
例えばカードが盗まれて、『正しい暗証番号』を用いて 現金引き出し機から現金を不正に引き出された場合、 原則として損害はお客が負担しなければならない、とカード会社、銀行は主張します。 特に暗証番号。生年月日、電話番号など比較的第三者にもわかりやすいものを使っていたり、 さらに健康保険証などと一緒に保管して第三者にわかりやすい状態においていたりすると、 いざカード会社とトラブルになった場合、お客側が一気に不利になります。


もし万一、不正使用されて本人に請求が来たら?
カードの紛失や盗難の場合は、本人に責任があるのが原則。 つまり、カードはその使用についてすべて本人に支払い義務が生じてくることに注意して、 厳重に保管してください。
また、安直な暗証番号(生年月日、電話番号etc)も避けましょう。

※暗証番号=生年月日、もしくは電話番号にしていた場合
健康保険証や運転免許証などと一緒に盗まれて、暗証番号が簡単にわかってしまった、 現金を不正に引き出されてしまった、
などの例では 盗まれた本人に被害責任が課せられる判決が出ています。

しかし、上記のような極端な場合以外は保険によって補填される場合が多いようです。 カード会社はクレジットカードを発行する際に、 たいがい盗難保険に加入しており、盗難、紛失の場合は、 ほとんどこの保険で支払ってもらえることになっています。


カード会社の失効手続きが間に合わず、不正使用されて本人に請求が来たら? 保険の支払いの対象にはならない事例。
クレジットカードを利用する際の注意点。いかがわしい店でカードを使わない?
偽造カード被害、前年の1.5倍に急増。ディスカウント店での被害が目立つ。
大阪の風俗店、クレジット磁気情報転写しカード偽造。
セキュリティグッズの紹介
クレジットカードの不正使用による被害について。

空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント 空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント
もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント



一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。