セキュリティ情報トップ頁>> 防犯、安全に関する最新の話題をピックアップ>>

少額訴訟制度などを悪用した架空請求-無視を続けると敗訴に。
-新手の架空請求詐欺?-

-引用:産経新聞2004/09/17-

少額訴訟制度などを悪用した架空請求-無視を続けると敗訴に

心当たりのない請求書が突然送られてくる『架空請求』が急増する中、 『少額訴訟』など訴訟制度を悪用した新手の被害が出ていることがわかった。
請求書を放置すると訴訟を起こされ、無視を続けると欠席裁判で敗訴してしまう。

この新たな手口は、『当社サイトの登録料の支払いがない。』などとして、 登録料と『調査費』を求める督促状を内容証明で送付してくる。
これを定石通り無視すると、簡易裁判所から少額訴訟の訴状と、 第一回口頭弁論の期日を記した呼び出し状が特別送達で届けられる。 しかし、これも『関係ない。』と無視し続けると大きな落とし穴が待っている。 一般に民事裁判では、欠席すると言い分が伝わらないまま、即日審理が終わり、敗訴してしまう。 業者は判決を盾に『正当な請求』をしてくる。 こうした被害は今年に入ってみられるようになったという。



関連ページ

小型ホール、公民館、集会場の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
小型ホール、公民館、集会場の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム 小型ホール、公民館、集会場の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
警戒中に事務室やホール、トイレの窓や玄関ドアをこじ開けて侵入されると、 泥棒の侵入を感知すると100dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 予め携帯電話などへ警報を報せるアナウンスを流します。 ホールなどの大きな間取りには赤外線センサーを設置することもできます。

マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー マグネットセンサー、ドアセンサー、開閉センサー
扉や窓、勝手口など空き巣犯人の侵入の一番多い侵入場所です。 建物の開口部の安全を見守る防犯センサーで設置は簡単です。 一般住宅ではマグネットセンサー(開閉センサー)は最もよく使われる防犯センサーです。

防犯用シャッターセンサー
防犯用シャッターセンサー 防犯用シャッターセンサー
店舗正面やバックヤード、車庫や倉庫のシャッターの上げ下ろしを感知します。 シャッターが動いてレバーが上下すると警報が作動するものや、 マグネット方式のセンサーなど。

業種別防犯対策、盗難防止、セキュリティシステム

業種別の防犯対策、セキュリティ対策

物件別防犯対策、セキュリティ対策

医院、診療所、歯科医院

学校、幼稚園、保育園

老人ホーム、介護施設

薬局、調剤薬局

屋外施設、金属、銅線、仮設建物

ガソリンスタンド

ファーストフード店、飲食店

宝石店、貴金属店

金融機関

スポーツ施設、スポーツジム

コンビニエンスストア

カーディーラー、自動車販売店

自動車、バイク

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

皆さんの防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣被害の体験談

鍵の安全体験談

個人情報


ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

セキュリティシステム、防犯システムの導入例



セキュリティ情報.comトップページへリンク



 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..