セキュリティ情報トップ頁>> 防犯、安全に関する最新の話題をピックアップ>>

若者がわいせつ目的などで子供を連れ去る傾向顕著
-連続する連れ去り事件-

-引用:毎日新聞2003/12/08-


今年1月から10月までの間の連れ去り事案は全国で126件発生、 未遂を含めて計139人が被害にあっている。 被害者のうち少女が107人を占める。
年齢別では最も狙われたのは小学生で90人、 未就学児も26人、中学生は19人いた。 都道府県別では大阪府が20件と断然多く以下、 埼玉11件、東京9件、神奈川8件と首都圏での被害が目立っている。


警察庁はこれら被害者の証言から発生時の状況を分析した。
狙われた時間帯は『午後3〜6時』が58件と最多で、 学校が終わり自宅へ戻るまでの時間に集中していた。

発生場所を詳しく見ると
『学校から離れた路上』が68件と過半数を超えた。
一見、人目に付きそうな
『公園』、『スーパー』
でも各10件起きており、死角の多い
『駐車場』でも8件発生していた。

被害にあったときの子供の状況としては
『下校中』(34人)
『帰宅途中』(23人)
『登校中』(13人)
など、移動している間の被害が際立った。
発生場所が『通学路』だった児童、生徒も57人おり、 必ずしも学校が指定した通学路などが安全とは言えないことを示している。 また、87人は『1人でいる状況』だったといい、 単独行動の危険性が改めて浮き彫りになった。

実際に連れ去られた87件の分析では
『だまされるなどしてついていった』ケースが過半数(44件)を超えた。
有無を言わさず『いきなり連れ去られる』事案(38件)も多かった。

保護されるまでの時間では、 半数近い40件は『1時間未満』だったが、 『2日以上』にわたるケースが10件にも上っている。
発生場所から保護された場所までの距離も、 40件は500メートル未満と近場だったが、 14件は10キロ以上も連れ去られていた。


20、30代の若い世代が犯行の中心
検挙者は未遂も含めて73人。 このうち主犯格の69人を分析したところ、
20代が27人
30代が18人
と、若い世代が犯行の中心になっていた。

動機面では『わいせつ目的』が41人と最多。 『好意を抱いた』の22人を合わせ、 何らかの性的欲求を引き金とした連れ去りが大半を占めた。

自動車、オートバイ、自転車など6割強が車両を使い、 中でも自動車を使用した容疑者(25人)が最多で、 広域に渡って少女などを標的として狙っている様子をうかがわせる。



関連ページ
子供の連れ去り126件発生

空き巣に入られたら?!被害届などの対処法とチエックポイント 空き巣に入られたら!被害届などの対処法とチエックポイント
事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント 事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方
防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの機種の選び方 防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの機種の選び方
店舗や住宅に設置する防犯カメラと録画装置の接続方法。 カメラが目の届かない場所、セキュリティ上、気になる場所を目がカバーします。 事務所、工場、店舗、倉庫や作業上など様々な場所に利用されるようになりました。
あなたのニーズにマッチした防犯カメラは?
簡単な映像録画蔵置(デジタルビデオレコーダー)の使い方。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム 独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
ご高齢者の一人暮らし、独居老人の安否確認に。 トイレの扉に取り付けたドアセンサーや、モーションセンサー(赤外線センサー)が、 定期的に作動しているかどうかをシステムが自動的に確認します。 自動的に居住者の安否を確認します。 長期間、センサーが作動しなかった場合、 異常事態と認識し、外部へ自動通報します。 月々の管理費用の要らない安否確認システムをご紹介します。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム 独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
ご高齢者の一人暮らし、独居老人の安否確認に。 トイレの扉に取り付けたドアセンサーや、モーションセンサー(赤外線センサー)が、 定期的に作動しているかどうかをシステムが自動的に確認します。 自動的に居住者の安否を確認します。 長期間、センサーが作動しなかった場合、 異常事態と認識し、外部へ自動通報します。 月々の管理費用の要らない安否確認システムをご紹介します。

業種別防犯対策、盗難防止、セキュリティシステム

業種別の防犯対策、セキュリティ対策

物件別防犯対策、セキュリティ対策

医院、診療所、歯科医院

学校、幼稚園、保育園

老人ホーム、介護施設

薬局、調剤薬局

屋外施設、金属、銅線、仮設事務所、工事現場事務所

ガソリンスタンド

ファーストフード店、飲食店

宝石店、貴金属店

金融機関

スポーツ施設、スポーツジム

コンビニエンスストア

カーディーラー、自動車販売店

自動車、バイク

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

皆さんの防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣被害の体験談

鍵の安全体験談

個人情報


防犯グッズ、防災グッズの種類と比較-導入の際の選び方

ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

セキュリティシステム、防犯システムの導入例



セキュリティ情報.comトップページへリンク



 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..