セキュリティ情報トップ頁>> 防犯、安全に関する最新の話題をピックアップ>>

県警側に550万円賠償命令、”名誉棄損で捜査怠る。”
-埼玉、桶川事件訴訟-

-引用:時事通信、読売新聞2003/02/26-


埼玉県桶川市で1999年10月、 女子大生がストーカー被害を受けた末、路上で刺殺されたのは警察が捜査を怠ったためだとして、 遺族が国家賠償法に基づき同県に約1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、 さいたま地裁であった。

裁判長は、『名誉棄損の被害を受ける恐れが客観的に認められたのに、 警察が適正な捜査をするという期待を、捜査を怠って侵害した。』と述べ、 計550万円の支払いを命じた。 しかし、県警が殺人を予見する可能性を全く否定し、 『適切な捜査をしていれば、生命の危険は回避された。』との原告側主張は退けた。



関連ページ



住宅総合保険
住宅総合保険 住宅総合保険
住宅、家財などの個人の財産に対する保険 住宅敷地内でおこった火災、盗難などの被害を幅広く補償してくれます。 火災(失火・もらい火などの火災)、落雷(落雷、および落雷による火災)、 破裂・爆発(ガス管などの破裂・爆発)、 風災・ひょう災・雪災、建物外部からの物体の落下、飛来、衝突など。
現金、預貯金証書、キャッシュカードの盗難による損害、 家財を契約している場合には限度内で実際の損害額を受けることができます。

住宅用火災警報器
住宅用火災警報器 住宅用火災警報器
改正消防法が交付され2006年からすべての住宅、アパート、共同住宅に火災報知器の設置が義務付けられました。 戸建住宅、店舗併用住宅、共同住宅、寄宿舎など全ての住宅が対象です。 ただし、すでに自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている場合は、 住宅用火災警報器等の設置が免除される場合があります。
住宅用火災警報器-感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、火災を感知した火災警報器だけが警報音を出します。

業種別防犯対策、盗難防止、セキュリティシステム

業種別の防犯対策、セキュリティ対策

物件別防犯対策、セキュリティ対策

医院、診療所、歯科医院

学校、幼稚園、保育園

老人ホーム、介護施設

薬局、調剤薬局

屋外施設、金属、銅線、仮設事務所、工事現場事務所

ガソリンスタンド

ファーストフード店、飲食店

宝石店、貴金属店

金融機関

スポーツ施設、スポーツジム

コンビニエンスストア

カーディーラー、自動車販売店

自動車、バイク

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

皆さんの防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣被害の体験談

鍵の安全体験談

個人情報


ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯シ ステム)

セキュリティシステム、防犯システムの導入例



セキュリティ情報.comトップページへリンク



 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..