セキュリティ情報トップ頁>> 防犯、安全に関する最新の話題をピックアップ>>

大事なものが盗まれた!
-カード、通帳、印鑑などなど-
-いい方法や経験談があったらぜひ教えてください-




通帳、預金証書、キャッシュカードの紛失や盗難

貯金通帳や証書、キャッシュカードを紛失したり、盗難にあったときは、 すぐに発行の金融機関と警察署に届け出てください。 わざわざ出向かなくても、とにかくまず電話で一方を! 時にカードの場合は一刻を争います。 通帳と印鑑を一緒に紛失したときも同様。
クレジットカードとの提携カードの場合はクレジットカード会社への届け出もした方がいいようです。
万一の場合に備えて、通帳やカードの番号を手帳などにメモしておくと安心です。
金融機関職員がお客から現金や貯金証書・通帳などを預かるときは、 その証として「預り証(兼引換証)」を渡すのが普通です。 職員になりすましてキャシュコーナーなどで現金やカードを盗む事例も出ています。 必ずご確認!




クレジットカードの紛失、盗難

第一に1分でも早くカード会社に連絡をする。 カードの盗難に気づいたのが土曜や日曜であっても最近は受け付けてくれる場合が多いようですから あきらめずに電話をかけてください。 そうすればカード会社の方でカードを使えなくする手続きをデータ上してくれるので、 まずは安心です。
警察にも盗難届を必ず出してください。 それは万一不正にカードを使用された場合、保険でカバーしてもらう手続きの際、 盗難届が必要になってくるからです。 また不正利用の当日、本人以外の者がカードを使用した証拠になります。 (まずは必ず本人が疑われますので...。)

万一不正使用されて本人に請求が来たら?
カードの紛失や盗難の場合は、本人に責任があるのが原則。 つまり、カードはその使用についてすべて本人に支払い義務が生じてくることに注意して、 厳重に保管してください。
また、安直な暗証番号(生年月日、電話番号etc)も避けましょう。

暗証番号=生年月日、もしくは電話番号にしていた場合
健康保険証や運転免許証などと一緒に盗まれて、暗証番号が簡単にわかってしまった、 現金を不正に引き出されてしまった、
などの例では 盗まれた本人に被害責任が課せられる判決が出ています。

しかし、上記のような極端な場合以外は保険によって補填 される場合が多いようです。 カード会社はクレジットカードを発行する際に、 たいがい盗難保険に加入しており、盗難、紛失の場合は、 ほとんどこの保険で支払ってもらえることになっています。




印鑑の紛失や盗難

個人の実印や会社の代表者印を紛失したり、盗まれたりしたときは、 すぐに市区町村役場や登記所にその旨を届け出て、 紛失した印鑑の”印鑑証明書”の交付を受けられないようにします。 さらに改印届を提出して、失くした印鑑の実印としての効力を失わせなければなりません。
銀行印を紛失したり、盗まれたりした場合もすぐ銀行に紛失届を出し、 それと同時に改印届を提出して、失くした印による銀行取引、 手形取引などが行われないようします。 また紛失した印鑑が使われた形跡があったら すぐ知らせてもらうようにしておきます。

またこれらの手続きとともに、警察にも紛失届、盗難届などを出し、 捜査を依頼するとともに紛失届出証明書、盗難届出証明書 などをもらっておくことが必要です。
また関係先、取引先にも改印した旨を一応連絡しておくとよいでしょう。

印鑑の保管場所
事業所の場合、印鑑は手形や小切手とは別の場所に保管しましょう。 同時に盗まれた場合、手形や小切手を不正に発行流通されると 非常にやっかいな事になりかねません。






手形の盗難

盗難手形に暴力団が組織的に絡んだトラブルが増えているようです。
詳しくは法律のプロに相談してください。

1,振出人が取引銀行に対し支払の停止を依頼する、さらに事故届けを提出することが必要です。
2,警察への届出をします。
3,喪失した手形の効力を消滅させるために、手形の支払地を管轄する簡易裁判所に対し「公示催告の申立」を行 います。公示催告をする場合、警察からの証明書が必要。

公示催告中に手形の権利を届けた者があるときは裁判によって正当な権利者を決定します。 届け出た人がいない時は、「除権判決」が言い渡され、これにより喪失した手形を無効にすると共に、その手形の喪失者は、手形がな くても支払人から支払を受けることができるようになります。

詳しくはわかりませんが、手形が盗まれた場合、法的にはこのような感じで処理が行われるようです。




通帳と印鑑の盗難-不正な現金の引き出し

銀行通帳と印鑑が同時に盗難に遭う、または通帳に押されていた印影と同じ印鑑を偽造され、 預金を引き出された場合、問題となるのは銀行窓口の注意義務です。
金融機関の窓口の預金払い戻しに付いては、 「払い戻し請求書に使用された印影を届出の印鑑と相当の注意をもって照合し, 相違ないものと認めて取扱いしたうえは、それらの書類につき偽造、変造, その他の事故があってもそのために生じた損害に付いては、当行は責任を負いません」 などの約款が適用されます。
つまり、銀行が相当の注意をもって印影を照合した場合、かりに偽造印鑑であっても、 金融機関は責任を負わないことになります。


関連リンク
不正な現金の引き出し、銀行にも落ち度が?

空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント 空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント
もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント

一戸建て住宅の安全対策と空き巣の手口 一戸建て住宅の防犯対策と空き巣の手口、防犯体験談
マンションやアパート賃貸住宅の空き巣の手口 マンションやアパート賃貸住宅の防犯対策と空き巣の手口
事務所荒らしの手口と防犯対策 事務所荒らしの手口と防犯対策
店舗、お店の防犯対策と事務所荒らしの手口 店舗、お店の防犯対策と事務所荒らしの手口

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

小型倉庫付き事務所の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
小型倉庫付き事務所の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム 小型倉庫付き事務所の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
事務所と倉庫の窓や扉に、 窓や扉の開け閉めを監視する開閉センサーとシャッターセンサーを設置、 事務所内部に赤外線センサーを取り混ぜて、外部からの侵入を監視します。
無人の警戒中に泥棒や不審者が扉、窓を開けて屋内に侵入すると、 警報機本体が110dbの強力な警報音を鳴らして賊を威嚇します。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


小型倉庫付き事務所の機械警備導入例-買取式の事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム

業種別防犯対策、盗難防止、セキュリティシステム

業種別の防犯対策、セキュリティ対策

物件別防犯対策、セキュリティ対策

医院、診療所、歯科医院

学校、幼稚園、保育園

老人ホーム、介護施設

薬局、調剤薬局

屋外施設、金属、銅線、仮設事務所、工事現場事務所

ガソリンスタンド

ファーストフード店、飲食店

宝石店、貴金属店

金融機関

スポーツ施設、スポーツジム

コンビニエンスストア

カーディーラー、自動車販売店

自動車、バイク

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

皆さんの防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣被害の体験談

鍵の安全体験談

個人情報


防犯グッズ、防災グッズの種類と比較-導入の際の選び方

ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

セキュリティシステム、防犯システムの導入例



セキュリティ情報.comトップページへリンク



 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..