本文へスキップ

赤外線センサー、人感センサー、パッシブセンサー、空間センサーの機能と商品の選び方のポイント。屋内用と屋外用の2種類の赤外線センサーがあります。住宅や事務所、工場や屋外の大きな敷地の不審者の監視にご利用いただけます。

赤外線センサー、人感センサー、パッシブセンサー、空間センサーの機能と商品の選び方のポイント

周囲の空気との移動物との温度変化。
もしくは、人の目に見えない赤外線が見えない防壁をつくり人などの侵入者を検知、警報を作動させます。
室温と侵入者との温度変化を感知するモーションセンサー、空間センサー型もあります。
家庭や事務所、店舗、金庫室などの防犯監視。警報機、警告機、自主機械警備システム。


パッシブセンサー、空間センサー、モーションセンサー(赤外線センサー)-一方放射タイプ。
夜間無人になる事務所や店舗の防犯設備でよく利用されている空間監視タイプの防犯センサーです。
警戒モード中に侵入者から発生する赤外線(体温)を検知するセンサーです。

窓や大きなガラス面がたくさんあって開閉センサーを設置するのがたいへんな大きな部屋、
夜間無人になる事務所や店舗、金庫室などでよく使用されます。
光軸合わせは必要ありませんので、比較的簡単に設置できるセンサーです。


以下、ガソリンスタンドの事務所に赤外線センサーを配置したイメージ図
玄関のカウンターを照らすように設置しています。
ガソリンスタンドの事務所に赤外線センサーを配置したイメージ図。玄関のカウンターを照らすように設置しています。

人以外にも犬や猫などの小動物も感知しますのでペットを飼っている建物、住居には不向きです。
※狭角度型を使用する、角度を調整するなどして対応可能な商品もあります。
※住居に設置する場合は、設置場所に注意が必要です。


泥棒監視、空間センサー、パッシブセンサー、赤外線、ホームセキュリティ本体。ホームセキュリティ(家庭向け防犯システム)の機能と確認ポイント 屋外でよく使われる赤外線センサー(長距離監視型-対向型、一方放射型)

工場や駐車場、大きな住宅などの敷地、外周の監視に使用します。 建物や施設の監視、屋外に置かれている商品の監視、賊の侵入を建物に達する前に知らせます。

赤外線ビーム(ビームセンサー)が見えない防壁(棒状の感知エリア)をつくり侵入者を感知。 警告音やランプの点滅で異常を感知、知らせます。外部へ通報が可能な機種もあります。

警戒距離には短距離タイプ(一方放射型)、長距離タイプ(対向型)、 電源フリーの太陽電池搭載のワイヤレスタイプなどがあります。

長距離感知の対向型は、取り付けの際に電源工事や送信部と受信部の光軸を合わせなければいけませんので、 専門の業者の取り付け工事が必要となります。

おすすめ商品のご紹介
おすすめ商品のご紹介


赤外線センサーが感知した信号を管理室まで電波で飛ばす方法を探しています。


ソーラー電源式パトランプ歩行者出入り無線警告装置
赤外線センサーが人や車の出入りを感知すると、 少し離れた場所で数十秒、回転灯作動させて注意を促します。 屋外用赤外線センサーは電池式。 受信機、回転灯の電源はソーラー電源ですので、取付場所に電源は不要。 赤外線センサー〜回転灯警告機までは無線方式となります。


ソーラー電源式パトランプ歩行者出入り無線警告装置

太陽電池使用、センサー連動屋外用アナウンス警告システム
センサーを向けた警戒エリア内に人や車が入ると自動的にアナウンスを流して警告します。 特殊な駐車スペース、公園、プールサイド、 その他危険な場所や立ち入り禁止区域での警告に。 ソーラー電源で電源工事が要りませんので取付簡単!


関連リンク
畑から梨を盗んだ男を逮捕-畑に設置の防犯センサーが威力を発揮

注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう