セキュリティ情報トップ頁>> 防犯グッズ、防災グッズの種類と比較-導入の際の選ぶポイント>>

防犯カメラの機能と選び方のポイント、防犯カメラ、目の届かない場所、防犯上気になる場所を機械の目がカバーします。事務所、工場、店舗など様々な場所に利用されるようになりました。商品の宣伝、広告も受け付けます

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方と種類、防犯カメラの選び方

店舗や住宅に設置する屋内防犯カメラ,屋外防犯カメラ、暗視カメラ、録画装置と監視カメラの接続方法を解説。
監視カメラが人の目の届かない場所、防犯上気になる場所を機械の目がカバーします。
事務所、工場、店舗、倉庫、一般家庭の玄関用防犯カメラなど様々な場所に利用されるようになりました。
用途とご予算に応じた防犯カメラをお選びください。
あなたのニーズにマッチした防犯カメラは?
意外と簡単な映像録画蔵置(デジタルビデオレコーダー)の使い方。



一般的な防犯カメラと録画装置、テレビとの接続方法。
一般的な防犯カメラと録画装置、テレビとの接続方法
録画装置のIN側にカメラからくる映像線。OUTにテレビの映像入力端子に繋ぐケーブルを接続します。


監視カメラがよく設置される場所

お店の内部
コンビニエンスストア、スーパー、デパート、ドラッグストアなどの万引き、強盗、悪戯対策に。
事故があった場合に画像を保存して証拠になると同時に、設置する事自体、威嚇効果は抜群です。 マイクロホンをつけて同時に音声をひろうカメラの機種もあります。

一般住宅にも悪戯防止に設置する方が多くなりました。

小型赤外線監視カメラ カラーCMOSカメラ(屋内用) スタンダード型監視カメラ


スティック型小型カラー防犯カメラ(屋内用)
スティック型小型カラー防犯カメラ(屋内用)
小さなお部屋や店舗での昼間のご利用に適しています。 41万画素。 カメラ本体のサイズ 直径20ミリ×長さ77ミリ。 3.6mmボードレンズを使用。 家庭用テレビに接続してお使いいただけます。



会社の勝手口、通用口、倉庫の出入り口
強盗対策や痴漢、ストーカー対策に。
会社やお店の通用口は目立たない、薄暗い場所が多いものです。 女性の方や夜間の出入り防犯、威嚇対策に。
暗がりは照明を設置すると同時に監視カメラの導入を検討するのもいい手だと思います。
どうしても暗がりになる場合は暗闇でも人物の顔を映し出す赤外線カメラをおすすめします。

営業時間中に倉庫からこっそり商品を盗み出す泥棒も増えています。
倉庫の出入り口に設置される会社やお店も増えています。

会社の通用口

駐車場、駐輪場
不特定多数の人が常に出入りする駐車場や駐輪場は犯罪や事故が起こりやすい場所です。
さらに、自転車泥棒はもちろん、高級車の盗難も増えてます。 雨よけのフードを取り付ければ屋外でも監視カメラを設置できます。 夜間が心配な場所には昼間と同じく夜間でも写し込める暗視カメラをおすすめします。

住宅
正面玄関や勝手口、車庫、蔵など。 空き巣犯への威嚇。来客者や不特定のセールス、勧誘などを家の中から確認できます。

マンション
昼間、管理人が常駐していても全館に目を行き届かせるのはたいへんです。 セキュリティが普及してきたマンションでも、廊下や非常階段、駐車場など死角は意外に多い!

ホール、倉庫
社員や出入り業者な多くの人が出入りする大型施設(空間)は犯罪や事故を確認する事が困難。 イザという時のために、監視カメラを回しておくのはいい方法です。



監視カメラの種類

通常のカラータイプ、白黒タイプ、ボックスタイプ
お店や事務所の天井にぶら下がっている、よく見かけるタイプです。
標準レンズ、広角レンズ、超広角レンズなど用途に応じて監視範囲を指定できます。 存在感があるので、賊を威嚇する効果があり。 音声を保存することもできます。(機種による)

スタンダード型防犯カメラ
スタンダード型防犯カメラ

スティック型小型カラー防犯カメラ(屋内用)
スティック型小型カラー防犯カメラ(屋内用)
小さなお部屋や店舗での昼間のご利用に適しています。 41万画素。 カメラ本体のサイズ 直径20ミリ×長さ77ミリ。 3.6mmボードレンズを使用。 家庭用テレビに接続してお使いいただけます。



暗視カメラ
暗い場所を撮影することができるカメラ。 高感度CCDを搭載したものや、赤外線投光器を搭載したものがあります。 通常のカメラでは撮影できないような暗い場所でも撮影することができます。 街灯が少ない場所、通用口、駐車場などに。もちろん昼間も撮影できます。 ただし、夜間は監視エリアがかなり狭い商品が多い。

ズームレンズ付き中型赤外線監視カメラ(赤外線照射器内蔵) レンズの周囲にあるのは赤外線照射器
レンズの周囲にあるのは赤外線照射器。
暗視カメラで撮影した映像
暗視カメラで撮影した映像

ズームレンズ付き中型赤外線監視カメラ(赤外線照射器内蔵)
ズームレンズ付き中型赤外線監視カメラ(赤外線照射器内蔵)
昼間も夜間もご利用いただけます。 赤外線LED42個で強力な暗視機能内蔵。 暗闇の状態でもくっきり相手を映し出せます。 昼間は普通のカラー監視カメラ、夜間は白黒の暗視カメラに。 設置後でもカメラ後部でズームとピントの調整が可能です。 屋外の商品や荷物、資材置き場など屋外の夜間の防犯監視に最適です。 ご家庭の玄関用防犯カメラにも。

ズームレンズ付き中型赤外線監視カメラ(赤外線照射器内蔵)
ズームレンズ付き防犯灯監視カメラ-夜間照明+防犯カメラが一体化。
39個ホワイトLED照明搭載。 夜間はホワイトLEDを点灯させ街灯の役目を果たします。 昼間は普通のカラー監視カメラ、夜間は白黒の暗視カメラ。 41万画素夜間カメラ。屋内外設置可能。 2.8〜12mmバリフォーカルレンズ搭載。 昼間も夜間もご利用いただけます。

暗い場所をLED照明が明るく照らします
暗い場所をLED照明が明るく照らします。

220万画素屋外用赤外線カメラ
220万画素屋外用赤外線カメラ
昼間も夜間もご利用いただけます。昼間は普通のカラー監視カメラ夜間は白黒の暗視カメラ。
HD-SDI 2メガピクセルCMOSセンサー搭載、Panasonic製CMOSセンサーで高解像度の監視撮影可能。
高解像度を映像出力可能とする220万画素のHD-SDI専用カメラ。
従来のアナログ防犯カメラとは違い、約5倍以上の解像度でより鮮明映像を撮影することができます。



ピンホールレンズ-隠しカメラ
表にでるのは2〜3ミリのレンズのみ、カメラの存在がわからないようにします。 通常レンズ交換できないので、設置場所に寄って撮影できる範囲が限られてしまいます。 (死角ができやすい。)
カメラ本体は壁や天井に埋め込み監視します。


遠隔操作タイプ
遠隔操作でカメラを上下左右、ズーミングしながら監視できます。



人感センサー連動タイプ
監視エリアに人が立ち入った時だけビデオやモニターが起動します。

小型録画カメラ付きホームセキュリティ
小型録画カメラ付きホームセキュリティ
警戒モード中に侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。 同時に小型侵入録画カメラは、警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。
警戒中に専用防犯センサーが反応すると1分間録画されます。 防犯効果と泥棒の侵入時の画像による証拠取りが同時に可能になります。

  侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。同時に小型侵入録画カメラは警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。
侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。同時に小型侵入録画カメラは警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。


 一戸建て住宅に小型カメラを3台設置したイメージ図。小型侵入録画カメラは警報機からの電波が届く範囲内でしたらいくつでも増やすことができます。
  侵入者が無人の住宅や事務所、店舗の防犯センサーに感知すると警報機がの警告音を鳴らし、同時に小型侵入録画カメラが室内の様子を録画します。SDカードに記録するカメラは離れた位置に複数台設置し録画できます。
侵入者が無人の住宅や事務所、店舗の防犯センサーに感知すると警報機がの警告音を鳴らし、同時に小型侵入録画カメラが室内の様子を録画します。SDカードに記録するカメラは離れた位置に複数台設置し録画できます。

  録画した例。侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。同時に小型侵入録画カメラは警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。



ワイヤレスタイプ防犯カメラ
普通ケーブルで伝送するカメラの映像信号を、無線で受信機に送信するタイプ。 映像用のケーブルが不要なため、配線工事の手間が省け、設置が格段に容易になります。 ただし電波が到達できる環境が必要で、障害物などによって設置できる場所に制限がでてきます。 また、画像が第三者にも閲覧されてしまう可能性があるので、 監視エリアや設置場所には十分ご注意が必要です。

ワイヤレスタイプ防犯カメラの設置例



デジタルビデオレコーダー-録画装置(DVR) -パソコンと同じくハードディスクに映像を記録してゆきます。

防犯カメラの映像を記録します。 デジタル録画。ビデオテープを使わないので面倒なテープ交換が不要です。
(記録媒体-パソコンのハードディスクのようなもの)
テープ方式と違い摩耗部分がないので長年使い込んでも画像が劣化しません。

防犯カメラ用デジタルビデオレコーダー
防犯カメラ用デジタルビデオレコーダー。上は4チャンネル(カメラ4台)用。

一般の家庭用DVRと違い、
記録する画像のクオリティ(高画質、中画質、低画質など)
画像を保存するサイクル(1秒間に何枚画像を記録するかの設定=フレーム)

を自分で設定、変更するができます。
それによって、画像の保存可能時間を変更する事も可能です。

モーション録画
画面上に動きのあった時だけ録画する方法です。 防犯カメラ用の録画装置独特の機能と言えます。

スケジュール管理を使った録画が可能です。下はスケジュール録画の一例。
0時〜3時 通常録画
3時〜6時 停止
6時〜12時 モーション録画録画
12時〜17時 録画
17時〜21時 停止
21時〜24時 録画
※週単位でスケジュールを設定できる機種が多いようです。

4チャンネル用デジタルビデオレコーダー
デジタルビデオレコーダー(DVR)
デジタルビデオレコーダーの再生画面の例
ご覧になりたい録画データを選んで再生できます。


(デジタルビデオレコーダーの主な機能- 各社商品の仕様によって異なります。)

1.パスワード設定機能(セキュリティロック機能付き)
パスワードを設定すると、再生時にはパスワードが必要になります。
2.カメラ設定 
ch1〜ch4それぞれフルクリーン表示、 もしくは4分割(4chを一つの画面をして録画)など、録画方法の設定。
3.画像品質の選択
high、normal、lowなど。high(高品質画像)で録画すると、ハードディスクの消費は早くなります。
カメラの台数が多い場合も、ディスクの消費は早くなります。
4.スケジュール管理
1日間(24時間)の範囲で、1時間単位でのスケジュール録画が可能です。
5.上書きon/off機能
ハードディスクが一杯になった場合、常に一番過去の記録映像を消去しながら 最新データの上書き記録を行うことが可能です。
offにすると、いっぱいになった時点で録画をストップします。
6.モーションセンサー録画機能
画面の動きを感知すると録画を開始します。 センサーが感知した時のみ、別ファイルで保存する機種も。


-DVRでの画像の録画、再生例-
デジタルビデオレコーダー
画像は専用DVRで録画できます。
写真は4チャンネル用。
(4台のカメラを接続できます。)
デジタルビデオレコーダー
DVR裏側。
CH1にはカメラからのケーブルを接続。
写真は4チャンネル用なのでCH1〜CH4まであります。
MONITORは映像出力。テレビの入力端子に接続。

デジタルビデオレコーダーの操作方法の例
4台の防犯カメラを選ぶスイッチ。
1〜4を選ぶと個々のカメラごとフルクリーン表示。

QUADを選ぶと4分割の画面表示になります。
デジタルビデオレコーダーの操作方法の例
録画、再生操作は家庭用のビデオとほぼ同じ。
PLAYボタンを押すと記録された画像データが
録画日時と一緒にテレビ画面に現れます。
選んでPLAYボタンを押すと再生が始まります。
MENUボタンでは、スケジュール管理などの各種設定を
テレビ画面を見ながら行います。


-DVR接続方法(例)-
防犯カメラの接続、映像線と電源線
カメラの出力端子(黄色)を
DVRのCH1〜CH4に接続。
デジタルビデオレコーダー
デジタルビデオレコーダー(DVR)
カメラの画像を録画します。
DVRの裏側、MONITOR端子から、
テレビの画像入力端子へ接続。
モニターテレビ
モニターテレビ


4チャンネル用DVRと防犯カメラ4台の接続イメージ図(例)
4チャンネル用DVRと防犯カメラ4台の接続

デジタルビデオレコーダーと防犯カメラの接続方法の例
デジタルビデオレコーダーと防犯カメラの接続方法の例


監視カメラと録画装置の録画可能時間の目安-カメラ4台(参考例)

参考数値 各社商品によって数値は変わります-
4台のカメラ(4分割画面)表示を1つの画像として記録する場合。
(イメージ-ハードディスク容量や商品の仕様によって変わります)

画質

30コマ/

15コマ/

10コマ/

2コマ/

1コマ/

19時間

38時間

57時間

285時間

570時間

29時間

57時間

87時間

426時間

870時間

50時間

100時間

150時間

750時間

1500時間

※数値は参考事例です、記録媒体80GBユニットの場合

1.DVRは、録画する画質を選ぶことができます。(上図の例では、高、中、下)
  画質が高いとハードディスクの消費は多くなります。(録画可能時間が短くなる)、
  画質が低いとハードディスクの消費は少なくなります。(長時間録画できる)

2.1秒間に録画するコマ数が少ないとハードディスクの消費は少なくなります。(長時間録画できる)
3.カメラの台数が多いと、ハードディスクの消費は多くなります。

DVRは、
録画画質のクオリティ、1秒間に録画するコマ数、カメラの台数、記録媒体容量で録画可能時間が決まります。
※自分で設定変更が可能です。
監視場所によりますが、1秒間に2コマ以上の録画をおすすめします。
(速い動きに対応するため)




デジタルビデオレコーダーの録画データをUSBメモリに保存する商品の一例。

BACKUPボタン

ライブ画面、または録画データを再生中に、 UBSメモリを差し込んでBACKUPボタンを押します。

BACKUPボタン
BACKUPボタン

静止画で保存するか、動画で保存するかを選択
静止画で保存するか、動画で保存するかを選択します。

保存するチャンネルを選択します。
保存するチャンネルを選択します。
赤くなっているチャンネルが選択されたチャンネルです。

保存したい秒数
0000を変更し、保存したい秒数を変更します。

保存形式を選択
保存形式を選択します。
AVIはPCのメディアプレーヤー。
専用再生ソフトなしでもパソコンで再生可能。

メモリに保存が始まります。
メモリに保存が始まります。



4チャンネル用デジタルビデオレコーダー
4チャンネル用デジタルビデオレコーダーDVR-5006
4分割機能を持つデジタルビデオレコーダーです。 防犯カメラ4台までの録画をすることができます。 ハードディスクの容量が無くなった時、前のデーターに上書き、 自動で録画を続けることができます。
4台までの防犯カメラ(CH1〜CH4)について、スケジュール録画などの設定を 個別に設定できます。
一般にテレビとビデオの接続によく使われる映像線を使用します。
一般にテレビとビデオの接続によく使われる映像線を使用します。

VIDEO INPUT(防犯カメラからの映像入力)に差し込みます。
VIDEO INPUT(防犯カメラからの映像入力)に差し込みます。

HD-SDI監視カメラ用4分割録画装置
HD-SDI監視カメラ用4分割録画装置
HD-SDIカメラ4台を接続可能。画像を録画することができます。最大200万画素で録画します。
画面4分割機能内蔵。USBメモリーへ画像データのバックアップが可能です。
録画装置とテレビの接続は、HDMI端子による接続になります。



タイムラプスビデオ
監視システムには長時間録画 市販の120分テープなど使いながら、撮影間隔を伸ばして長時間録画可能にした防犯カメラ専用のビデオ。
家庭用のビデオテープレコーダーと違い、 時間を細かく区切って完結的に画像(静止画)を記録し、 長時間録画を可能にする防犯カメラ専用のビデオレコーダーです。
120分テープを使って何時間分の録画するかを簡単設定できます。 それにより1秒間に何枚静止画を記録するかを設定変更できます。
市販のビデオレコーダーと操作感はほとんど変わらないので、導入のしやすさが特徴。

タイムラプスビデオ(防犯カメラ専用長時間録画ビデオレコーダー)
タイムラプスビデオ(防犯カメラ専用長時間録画ビデオレコーダー)
デジタルビデオレコーダーと異なり、 防犯カメラの画像を市販120分ビデオテープに小刻みに録画していきます。 家庭用のビデオテープレコーダーと違い、 時間を細かく区切って完結的に画像(静止画)を記録し、 長時間録画を可能にする防犯カメラ専用のビデオレコーダーです。 120分テープを使って何時間分の録画するかを簡単設定できます。 防犯カメラ1台の画像を録画できます。 デジタルビデオレコーダーと比べると画像は多少荒くなります。



メモリーカード記録型カメラ(デジカメ)
本体内蔵のメモリーカードへ直接画像を記録保存していくタイプです。 録画可能枚数はメモリーの容量や撮影される映像の種類により変わります。
再生は一般家庭のテレビにケーブルで接続して行います。 また、常時テレビにつないで現在の映像の確認が出来ます。
基本的にはデジタルカメラですので、 コマ送りになるなど制限がありますが、 大がかりなシステムが必要なく低コストで導入できる商品です。 市販のメモリーカードを使うので、画像の保存やカードの交換が簡単です。
センサー連動自動シャッターの防犯デジカメ 張り込みくん OKC-800
再生は市販のテレビを使います。
センサー連動自動シャッターの防犯デジカメ 張り込みくん OKC-800
赤外線センサーが感知すると
シャッターが切れます。
センサー連動自動シャッターの防犯デジカメ 張り込みくん OKC-800
メモリーカードに画像を保存


小型録画カメラ付きホームセキュリティ
小型録画カメラ付きホームセキュリティ
警戒モード中に侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。 同時に小型侵入録画カメラは、警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。
警戒中に専用防犯センサーが反応すると1分間録画されます。 防犯効果と泥棒の侵入時の画像による証拠取りが同時に可能になります。

  侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。同時に小型侵入録画カメラは警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。
侵入者が防犯センサーを設置した玄関扉や窓を開けると警報機本体が100デシベルのアラーム音を鳴らします。同時に小型侵入録画カメラは警報機の発報と連動していて室内の様子を録画します。


 一戸建て住宅に小型カメラを3台設置したイメージ図。小型侵入録画カメラは警報機からの電波が届く範囲内でしたらいくつでも増やすことができます。
  侵入者が無人の住宅や事務所、店舗の防犯センサーに感知すると警報機がの警告音を鳴らし、同時に小型侵入録画カメラが室内の様子を録画します。SDカードに記録するカメラは離れた位置に複数台設置し録画できます。
侵入者が無人の住宅や事務所、店舗の防犯センサーに感知すると警報機がの警告音を鳴らし、同時に小型侵入録画カメラが室内の様子を録画します。SDカードに記録するカメラは離れた位置に複数台設置し録画できます。




画像転送型カメラ
遠隔地に設置したカメラが映す映像をインターネットを介してパソコンや携帯電話で見ることができます。

中にはパソコンや携帯電話からカメラの視点を左右上下に遠隔操作できる機種、 ズーム機能のある機種、
カメラにセンサーをセットして泥棒などの異常事態発生時に携帯電話に 緊急メールを送る機種などがあります。
介護その他の緊急用押しボタンスイッチがセットになっているものもあります。

センサーが侵入者を感知
ブザー音で威嚇すると同時に
写真を撮影

メール

携帯メールで室内の様子を
見ることができます。




監視カメラ用無線送受信ユニット
監視カメラ用無線送受信ユニット
有線式防犯カメラを無線化することができます。周波数 2.4GHz。 カメラとモニタ間の配線必要なし。最大電波到達距離は100〜200m(見通し距離)。
映像送信機、映像受信機のアンテナユニットをケーブルで独立して設置することができます。 アンテナ同士が見通しの利く位置に設置すると電波の届き具合を改善することができます。


通常の監視カメラを無線送受信ユニットを使って無線化します。
監視カメラ用無線送受信ユニット

一般の無線方式の監視カメラシステムは、同一周波数帯の受信機を使って第三者に映像データーを拾って見られる可能性があります。 一戸建て住宅やマンション、アパートの室内、事務所やお店の中などに設置する場合は 撮影する場所を限定するなどの注意が必要です。


防犯商品を販売している会社やお店でのトラブルが増えています。

 製造元から商品を直送させ、自らの会社は納品書も発行しない。
   数年後、購入者は商品をどこで買ったかもわからなくなります。商品の問い合わせ先もわからなくなる。
 商品の知識がない、質問してもわからない、もともとセキュリティの知識を持ち合わせていない、
 電話をかけてもでない。既に廃業しているが、ホームページだけまだ残っている。
 トラブルや誤作動がおこった時、一切メーカー任せにされた、販売店自身は一切取り合わない、
  ○○専門店、○○専門ショップと銘打っているが、本業は別業種- 副業のアルバイト
 購入後、相談にのってくれない、保証書を出しても取り合ってくれない、
 ネットでコピーした画像だけを使ってネット販売をしている(実物を見たことがあるの?)
 購入後に急に電話に出てくれなくなった、販売業者が行方不明になった、
 いつの間にか廃業していた(防犯事業から撤退)、
 今晩にも泥棒に入られそうな感覚に襲われる危機感をあおり立てる強烈な営業トーク
 購入したお店に機器の相談をすると、店主が急にその商品の悪口を言い始めた(?)買い換えをすすめられた、
 いきなり高額な商品をクレジット分割払いですすめられた、


【関連リンク】
webカメラ -カメラが映す映像をネットを介してパソコンや携帯電話から見ることができます
センサーライトカメラ -センサーが不審者を感知するとその瞬間を写真を撮影します

「低い電線」1歳の命奪う、警備会社の設置した防犯カメラの電線に重機接触、街路灯折れ子ども直撃
防犯カメラの映像、防犯目的以外に雑誌掲載は違法
盗撮の探偵に賠償命令、プライバシー侵害認める、京都地裁
マンションの防犯対策-下着泥棒-監視カメラの運用方法
我が家の愛車がこの3ヶ月で3回もキズを  -監視カメラの設置方法
下着泥棒を捕まえるには?
アパートの度重なる悪戯、監視カメラの設置
街頭防犯カメラに初の運用基準、東京杉並区で答申
監視カメラは不当労働行為−地労委がJR東海に命令
深夜、早朝のコンビニ強盗-昨年同期比の2倍に急増
都内5つのホテルのクレジットカードの信用照会端末器に無線スキマー
集合住宅の表札に謎の記号やシール-窃盗団の目印?セールス?
求職者に万引きさせ、報酬?-高級化粧品窃盗グループが逮捕
川崎の少年死亡事件で万引き防止の指導強化を要請-文部科学省
泥棒につきまとわれているようです...
駐車場の違法駐車が止まりません
防犯カメラの運用について教えてください-マンション
銀行の防犯カメラが犯人検挙につながる
四輪駆動車の窃盗団、暴力団関係者ら32人を逮捕
いろいろな体験談-様々な防犯対策


注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう




ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

マグネットセンサ、ガラス破壊センサー

赤外線センサー、赤外線警報器

シャッターセンサー

横揺れセンサーの機能

住宅用火災警報器

高齢者用安否確認システム

無線呼び出しチャイム

携帯電話を使った異常通報システム

Webカメラ

センサーライトカメラ

センサーライト

パトライト、回転灯、パトランプ

非常ボタン、緊急通報システム

警報機の種類と機能

自動通報機の種類

屋外用ワイヤーセンサー

電子ロック(電気錠)

ピッキングアラーム

モニターテレビ付きインターホン

携帯電話画像転送システム

自主機械警備システム

警備保障サービス

ポケットベルシステム

設備監視、設備制御システム

ガラスの種類

金庫の知識

補助鍵

格子

雨戸

防犯フイルム

シュレッダー

ひったくり防止ネット

防犯スプレー

携帯電話を利用した救急信号サービス

防毒マスク

防犯ブザー

防弾チョッキ、防刃チョッキ

位置情報提供サービス

イモビライザー

信用調査機関

私設私書箱サービス

消火器

防災、非常食品

盗難保険

住宅総合保険と地震保険

団地保険(マンション保険)

自動車保険の内容とポイント

製造業に関連する損害保険

店舗総合保険

店舗に関連する損害保険のいろいろ

海外旅行保険(海外旅行傷害保険)


防犯の話題

空き巣に入られたら?

物件別防犯対策

一戸建て住宅の防犯対策

マンション、アパートの防犯対策

オフイスの防犯対策

お店の防犯対策

業種別防犯対策

防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣、盗難体験談

鍵の防犯体験談

個人情報の防犯体験談

セキュリティシステム、防犯システムの導入例


空き巣被害にあったら?被害届などの対処法
空き巣被害にあったら?空き巣に入られたときの被害届などの対処法。 印鑑、カード、預金通帳、保険証など個人情報に伴う紛失物。


防犯グッズ情報.com


 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..