本文へスキップ

室内に設置された安否確認用センサーが在宅中にも関わらず長時間にわたって人に反応しない時に予め指定された先号へ自動的に呼び出しコールを行います。住居内のドアセンサーが定期的に人の動きを感知しているかどうかでチエックします。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
一人暮らしのご高齢車、独居老人の安否確認、生存確認システムのご紹介。
住居内のトイレの扉に取り付けたドアセンサーや、居間や寝室のモーションセンサー(赤外線センサー、人感センサー)が 定期的に作動しているかどうかを安否確認システムが自動的にチエックします。
在宅中にも関わらず長時間にわたってセンサーが人の動きを感知しなかった場合に、
機械は異常事態発生と認識し、ご家族の方に自動通報を行います。


【一人暮らし用安否確認システムの動作イメージ例−※各社商品により異なります。】

ドアセンサー、安否確認用開閉センサー
安否確認用ドアセンサー
トイレや玄関、寝室や居間、冷蔵庫の扉など日常の生活の中で何度も開け閉めする扉に設置します。
在宅中にも関わらず長時間にわたって開け閉めが行われない時にシステムは異常と判断します。
ドアセンサー、安否確認用開閉センサー



赤外線センサー、モーションセンサー
モーションセンサー、赤外線センサー、人感センサー
室内の人体の体温を立体的に感知します。センサーのある室内を人が動き回ると反応します。 普段行き来する居間や廊下、寝室などに設置します。
室内を人が動き回る気配など長期間センサーが感知状態にならないと 異常事態と認識し、外部へ異常を報せます。



異常を
送信
安否確認通報装置本体
安否確認用タイマー回路内蔵。
在宅中に長時間、安否確認センサーが人の動きを検知しないとアラーム動作が作動します。


タイマー設定の例
8時間毎、12時間毎、24時間毎など。
安否確認を確認するタイマー時間は生活サイクルに応じて変更されることをおすすめします。

安否確認警報機本体

外泊スイッチ
通報装置のモード切替スイッチ。 長期間留守にするときは安否確認システムをオフ(警戒解除モード)にします。

自動電話通報機能
警報機が異常と判断してアラームが動作したときに、 予め通報装置の内蔵メモリに登録された電話番号へ自動的の電話呼び出しコールを行います。

予め登録された電話番号へ自動的のコールを行います。

通報先
息子さん、娘さん、近所のご親戚、地域の生活指導員に携帯電話など、自由に設置できます。




一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム-固定電話回線を使って自動通報します。 おすすめ商品!
トイレのドアに安否確認センサーを取り付けます。 12時間に1回もドアの開閉信号が送られてこなかった場合には、 登録された携帯電話などに、自動的に音声アナウンスを流します。 アナウンスの後、電話をかけ直して安否の確認をすることができます。

本システムは、異常事態が発生すると、お客様のご自宅の固定電話回線を一時的に使用して、 自動電話通報機の登録された電話番号へ自動で電話をかけ、異常を告げるアナウンスを流すシステムです。

1回、異常を通報する度に、約10円程度の電話料がかかる運用イメージとなります。
月々の管理費用は必要ありません。※警備員や緊急対処はシステムに含まれません。

※固定電話へ自動通報する場合です。携帯電話機へ通報する場合は電話会社に料金をご確認ください。
機器は初期費用のみの買い取り商品となっております。


  • 月々の管理費用の要らない自主機械警備システムです。異常時はご自宅の電話回線一時的に使って通報します。
  • 安否確認異常はご家族の携帯電話へ自動連絡、緊急を報せる音声アナウンスを流します。
  • ご自分で簡単に設置できる本格派のワイヤレス安全システムです。
  • 取り付け工事は原則必要ありません。ご引越の際の移設も簡単です。
  • センサー類は両面テープや小型ネジで設置しますので、建物に大きな傷をつけません。賃貸物件にもおすすめ。
  • センサー類は無線式、電池駆動。後日、簡単にセンサー類を追加できます。
  • 日本国内の工場で開発組立が行われています。点検修理なども早く対応できます。
一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム-固定電話回線を使って自動通報

高齢者の事故リスクの低減
個人のお客様、自治体様や介護ケアサービス業でもご利用いただいておりますが、お住まいの方が倒れているのを発見して大事に至らなかった、というお話は何件もいただいています。

大家さんに対するリスク低減メリット、不動産会社のメリット
アパートのオーナー様などからお問い合わせをよくいただいておりますが、 お部屋の借り主様が亡くなっているのが長期間わからなかった、などの事故があった場合、 事後のお部屋の修繕費用は相当な費用になるとお聞きしています。 本システムで早期に発見できれば、オーナー様や不動産管理会社様の修繕リスクは軽減できるのではないかと思います。

導入コスト
弊社の製品は一般の家電製品と同じ買い取り商品として機器をお出ししています。導入コストは以下の通りです。
1.初期の機器代金 2.通報動作が行われた際の電話料金(1回数十円程度)
3.電気料金-弱電家電機器ですので1ヶ月100円程度




安否確認センサーの代表的なものを紹介します

開閉センサー、マグネットセンサー 安否確認用ドアセンサー
扉や窓の開閉を監視するセンサー。在宅中の安否確認モード時に開け閉めが行われるとセンサーが反応し、メイン通報機に報せます。
トイレ、寝室、居間、冷蔵庫などの普段よく開け閉めするドアに設置します。


空間センサー、パッシブセンサー、赤外線、ホームセキュリティ本体。ホームセキュリティ(家庭向け防犯システム)の機能と確認ポイント
据え置き型
モーションセンサー、赤外線センサー、人感センサー
人体から発生する赤外線を監視するセンサーです。室内で体温を持つものが動き回ると感知します。
住宅内のよく行き来する場所-廊下、居間、寝室などに設置します。
簡易トイレをご利用の方におすすめします。

人感センサーの設置例-廊下の人感センサーを設置しています。
人感センサーの設置例 人感センサーの設置例




押すと即、緊急電話通報が作動する緊急用非常ボタンを追加で組み込むこともできます。

非常通報ボタン 身につける非常ボタン

体調がすぐれない時に、外部へ自動通報する緊急通報用のボタンです。
写真はネックレス式。赤ボタンを2秒間程度長押しすると発報します。

無線式非常ボタン 据え付け固定型の無線式非常ボタンの設置例

体調がすぐれない時にボタンを押すと即座に外部へ自動通報する緊急通報用のボタンです。
写真はコンセント電源式。



ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム
一人暮らしの高齢者の安否を自宅の居間に設置した人感センサーが人の動きを検知し、登録者に自動でメールする先進のシステムです。 この事により異変の早期発見が可能になります。
モバイルメールで安否確認の連絡しますので固定電話回線の無いアパートやマンションでもご利用いただける一人暮らし高齢者安否確認システムです。
通信費用 月々1000円〜

生活の中心となる場所(居間など)に設置した人感センサーが人の動きを検知し、 離れて暮らす登録者の携帯電話やパソコンにメールで知らせます。 センサー感知方式ですので、押しボタンスイッチを押すなどの操作は全く不要です。 人感センサーが反応すればお年寄りが元気に暮らしていることがわかり、逆に反応しないと何か異変があったのではないかと察知することができます。

ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム。最後に発信した安否メールの1時間後に1時間以内に人感センサーが反応しているかを機械がチエックします。センサーが人を感知していれば最後の安否メールの1時間後に安否メールを発信します。
最後に発信した安否メールの1時間後に1時間以内に人感センサーが反応しているかを機械がチエックします。
センサーが人を感知していれば最後の安否メールの1時間後に安否メールを発信します。

無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)
非常ボタン+フラッシュランプのベーシックタイプの呼び出しボタンシステム。
フラッシュブザーに非常ボタンからの直接受信する機能を追加しました。 無線式非常ボタンを押すと警報音が作動、 離れた場所に設置したフラッシュランプやフラッシュブザーが作動して周囲に異常を報せます。 無線機器を使いますので面倒な配線工事は必要ありません。


数十m離れた場所に設置した無線式フラッシュランプやブザーが作動して周囲に異常を報せます。
数十m離れた場所に設置した無線式フラッシュランプやブザーが作動して周囲に異常を報せます。
浴室やトイレに設置できる防水タイプの押しボタンもあります。




新型外部通報型押しボタン緊急通報装置-固定電話回線を使った外部通報システム

住宅や、事務所、店内などに設置した非常通報押しボタンを押すと100デシベルのブザーを鳴らしながら 登録された緊急通報先の電話番号へ自動的に緊急事態発生を告げる音声アナウンスを流します。

緊急通報先は最大3カ所まで設定できます。

既設の固定電話回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線など)に接続し緊急ボタンが押されると、一時的に電話回線を利用して、自動コールを行います。 お手元の無線式非常通報ボタンを押すと、 予め登録された電話番号へ自動的に電話通報、アナウンスを流します。

信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て、開発が行われている本格派システムです。
幼稚園、保育園、女性だけの店舗や事務所、研究施設、工場など。


異常事態発生をセキュリティ担当者の携帯電話へ自動通報します
異常事態発生をセキュリティ担当者の携帯電話へ自動通報します。


無線式呼び鈴回転灯システム-ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。
耳の不自由な方に。 玄関のチャイムを押すと屋内の離れた場所で回転灯を回して来客を報せます。 無線通信距離は平均10m〜18mです。 中継器を入れると無線距離を延長できます。
ワイヤレス方式。 無線式呼び鈴(電池式)は玄関。 無線受信機+回転灯は室内の居間や台所、寝室など普段家人の目につきやすい場所に設置します。

一人暮らし高齢者見守りシステム「いまイルモ」
スマートフォンとセンサーを使って一人暮らしの高齢者をいつでも見守ることができます。 離れて暮らす親や介護の必要な方、子供や孫の暮らしぶりをセンサーで”そっと”見守ることができるサービスです。
相手のプライバシーを尊重しながらも、安否確認用センサーとスマートフォンで家族の安否を確認できます。 独自の見守りセンサーを見守り咲きの室内の壁などに設置し、親機をインターネット回線に接続。 簡単な設定をするだけでご利用いただけます。
プライバシーを尊重した製品ですのでカメラ、画像関係は一切使用しないサービスです。


ご高齢者のご家族の方に、スマートフォンを追加って暮らしぶりがわかります。安心して離れて暮らす方を見守ることができます。
ご高齢者のご家族の方に、スマートフォンを追加って暮らしぶりがわかります。安心して離れて暮らす方を見守ることができます。



注意:機械警備システムは各社ごとサービス内容や保障内容、設置する機器は異なります
予算、被害にあった際の保障内容など十分に比較、検討してから契約しましょう。