本文へスキップ

とにかく空き巣被害でカードや預金通帳の盗難にあったときの手配と対応策。

空き巣被害でカードや預金通帳の盗難被害に遭ったら!
とにかく、被害に遭ったら、

@警察に盗難届を出しましょう。「落とした」と思うならば紛失届ですが、「とられた」と思うなら盗難届を出します。盗難届は、できればコピーをもらい、くれない場合には受理番号を聞きましょう。

A金融機関はもちろん、カード会社や健康保険組合など、すべてに、盗難被害に遭ったことを申告しましょう。

B暗証番号や届出印などは変えましょう。

C火災保険などの特約で、保険の申請ができないかどうか確認しましょう。

D金融機関の窓口で不正引出をされてしまった場合、「取引履歴」「犯人が書いた払戻請求書のコピー」「(もともとの)印鑑票のコピー」をもらい、弁護士に相談しましょう。

E金融機関(またはコンビニ)のATMで不正引出をされてしまった場合、「ジャーナル(ATMに差し込んだカード面を記録したロール紙)」のコピーをもらうか、くれない場合でも見せてもらいましょう。金融機関が見せないときは警察で見せてもらいましょう。金融機関に被害回復を申し出ても全額補償に応じてくれない場合には、弁護士に相談しましょう。

F「D」「E」いずれの場合も、警察で防犯ビデオを見せてもらいましょう。

保険証などに書かれた情報は戻ってきませんが、それが情報というものです。 絶対に悪用されない方法などというものもありません。

でも、悪用された後に、戦うことができるように、上記のようなことをしておいてください。




一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。