メイン

ホームセキュリティ アーカイブ

2006年10月05日

高齢の父の痴呆で、夜間勝手に玄関から外へ出ていってしまいます。

高齢の父の痴呆で、夜間勝手に玄関から外へ出ていってしまいます。
前が道路でたいへん心配です。
私は2階で寝ているのですが、
センサーやアラーム音で知らせてくれる機器はないでしょうか?

○○○

ホームセキュリティに使わている来客アラームセンサーを
ご提案させていただきます。

来客アラームセンサーは、
防犯警戒中に作動すると、警報機本体で100dbの警報音、
警戒解除中は、玄関を開けるとピンポーン音が警報機本体で作動して
玄関が開いたことを報せるセンサーです。

http://www.security-joho.info/bbee/index.htm

徘徊を監視する用途といたしまして、
常時防犯解除状態で警報機本体を2階に置かれても問題ございません。

防犯対策(警戒セット)にもお使いいただく場合は
警報機本体は1階玄関、
2階は増設ブザー
を設置する方式のほうが使い易いと思います。

職住併用の診療所の火災監視のご相談

個人で診療所を経営しております。

1階が診療所、2階が住宅になっていますが、
普段よく火を使う1階の診療所の火災が心配です。

診療所で火災がおきた時に、夜でも2階の寝室に知らせてくれるような
簡単な火災監視装置はないでしょうか?


○○○

遠隔監視型の無線式火災監視システムをおすすめいたします。

http://www.anzentaisaku.com/kasaikansi/index.htm

市販の電池式火災センサーは、
火災を感知するとピーピーッ音を発します。
ですが、電池式のため比較的小さな音で、
少し離れたり、部屋や廊下を挟むと聞こえにくいのが現状です。

火災感知機単体のピーピー音だけでは不安を感じる皆様におすすめの、
集中警報盤を組み込んだ屋内火災監視システムです。
センサーが火災を感知すると、
集中警報盤が110dbの大音響で火災を報せます。
無線式ですので、電波の届く範囲内でしたら警報盤は2階に設置しても
問題ありません。

さらに、オプションの電話通報器を設置すると、
電話回線を使って自動的に外部通報することができます。

敷地内に入り込んでくる不審者を監視、威嚇するには?

建物に触れられる前に、その部分に異常に接近した時に、
空き巣を威嚇するシステムがあればと考えています。
リモコンON,OFF操作可であれば、なお可。

○○○

敷地内に入ってくる不審者を屋外で感知するには
屋外用のモーションセンサーをおすすめいたします。

http://www.anzentaisaku.com/okugaikansi/index.htm

屋外用のモーションセンサーは、
警戒中に人体の熱を感知すると
屋内に設置の警報機本体で100dbの警報音を鳴らします。

オプション機器で、
屋外用のフラッシュブザー、フラッシュライトを追加しますと
外でも光や音で犯人を威嚇をすることができます。

オプション機器を追加して、電話回線を使って外部自動通報も可能です。

敷地内に入り込んでくる不審者を監視、威嚇するには?

建物に触れられる前に、その部分に異常に接近した時に、
空き巣を威嚇するシステムがあればと考えています。
リモコンON,OFF操作可であれば、なお可。

○○○

敷地内に入ってくる不審者を屋外で感知するには
屋外用のモーションセンサーをおすすめいたします。

http://www.anzentaisaku.com/okugaikansi/index.htm

屋外用のモーションセンサーは、
警戒中に人体の熱を感知すると
屋内に設置の警報機本体で100dbの警報音を鳴らします。

オプション機器で、
屋外用のフラッシュブザー、フラッシュライトを追加しますと
外でも光や音で犯人を威嚇をすることができます。

オプション機器を追加して、電話回線を使って外部自動通報も可能です。

2006年10月06日

ホームセキュリティ機器は海外での使用は可能ですか?

ホームセキュリティ機器は、海外で使用は可能ですか?

○○○

海外でのご使用の場合ですが、
普通ですと家電製品と同じくダウントランス機器をご使用いただければ、現地でも使用できます。
※メーカーに必ずご確認ください。

海外に行くと、注意が必要なのが電源の電圧です。
日本の電圧(100V)は世界でもっとも低いので、
100V用の電気機器を海外でそのまま使用すると、機器を破損したり、
最悪の場合は焼けこげて発火におよぶおそれもあります。

単体で動く窓用防犯アラームはいかがでしょう?

ホームセンターなどでよく販売されている簡易型防犯ブザーは、
スイッチを切られたらブザーが鳴らないという心配がありますが、どうでしょうか?

○○○

簡易型の数千円で販売されている防犯センサーは単体で動く商品ですので、
破壊もしくは電源を止められればストップしてしまいます。

センサーと警報音や外部通報を作動させる警報機本体とが分離した、
集中監視型のホームセキュリティシステムが性能的のも安心できると思います。

赤外線センサーの設置場所の注意点

平屋の日本家屋の防犯対策を検討しています。
赤外線センサーを考えているのですが、どこにでも取り付けてもいいものでしょうか?

○○○

赤外線センサーは、体温をもった生き物(家人も)すべてを感知します。
夜間でも普段出入りする区域に設置すると、
そのたびにセンサーをon/offしなければいけなくなりますので
ホームセキュリティを設置したことで、不便になる可能性があります。
※例 トイレまでの廊下、通路

夜間、トイレなどの用で立ち入る区域でなければ
赤外線センサーを設置しても不便はないと思いますが、
立ち入る時のある場合は開閉センサー、
もしくはガラス破壊センサーを中心にご検討された方がいいと思います。

防犯センサーのキャンセル用タイマー

外出時や夜間に赤外線管理区域に誤侵入した場合の警報解除が容易で,
それでいて侵入者には面倒な方法はありますか?
威嚇音がでるまでに例えば5秒以内であればとりけせるなどのオプション設定が
可能なシステムはありますか?

○○○

防犯センサーに、キャンセル用タイマーを付けたりする運用は
設置する場所によっては、いざというときに危険が伴う場合があります。
リモコンでon/offする商品が便利で安全です。

About ホームセキュリティ

ブログ「セキュリティ防犯ブログ」のカテゴリ「ホームセキュリティ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは事故です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。